日本・食文化と観光イベント《C’est Bon! le Japon》第5回終了

毎年開催しております弊社主催の日本の食文化イベント« Cest bon le Japon »、今年は第5回目を迎えました。例年に引き続きパリ4区区役所の後援をいただいて、パリのオシャレ地区・マレにある1000m²の会場La Halle des Blancs Manteaux (ラ・アール・デ・ブランマントー)にて、6月29日(金)から7月1日(日)までの3日間開催しました。今年もイベント会場近辺のユニクロ・マレ店様にご協力いただき、会場外においてもイベントでの取扱商品の試食・試飲を実施しました。

例年以上の暑さにも関わらず、今年は期間中延べ1万3000人の方が来場、そのうち約90%の方々が商品を購入するなど、日本の魅力を多くの方に楽しんで頂くことができました。ご来場いただきました皆様には心より御礼申し上げます。

今年は、会場内中央に食ブースを集め、日本ならではの食を目当てに多くの来場者で賑わいました。今年の目玉企画である日本産地直送野菜、オーガニック食品のブースも加わり、フランスでは手に入りづらい新鮮で美味しい日本の青果や目新しいオーガニック食品に皆さま興味深々の様子でした。

日本茶ブースでは、日本茶の試飲と販売を実施。多くのお客様が様々なお茶を実際に味わいながら、大変関心が高い様子でお茶の購入を楽しまれていました。

また、参加企業・団体様による日本食・食器・その他の雑貨ブースも大変充実しました。お子様からご高齢の方まで幅広い層のお客様にお越しいただき、多くのお客様にお楽しみ頂きました。

会場での様子は右記のYoutubeサイトよりご覧頂けます。 https://www.youtube.com/watch?v=Bgd-Zl8nvpU

3287F0DD840A4DBD98475362C7B20A40_MG_7047ぼかしF58BBD0F157643E6946AA8E7178CE373

(左より会場全体、食ゾーン、日本茶ゾーン)

会場のステージでは、フランス人に大変人気の高いインフルエンサーUn Gaijin Au Japon様の講演や、食や文化に関するデモンストレーション、和楽器演奏や踊りなど様々なプログラムを実施。会場は大いに盛り上がりました!

またイベント最終日には、昨年に引き続き、日本茶コンクールを開催。カテゴリー6部門(ほうじ茶、玄米茶、抹茶、煎茶、有機栽培茶、その他)で17社35銘柄のお茶がエントリーしました。食のジャーナリスト、日本食材店関係者など食に通じる4名の審査員が、お茶の味や香りを厳正審査。入賞したお茶は、パリ市内にて販売されます。日本茶生産者の方々にフランスへの進出や販路拡大の足掛かりにして頂くべく、今後も引き続き開催予定です!

201D41C1DB8B4B759243212EBF8ABE2F_MG_7389ぼかし26A79F9E4CC847BC85DEFD01AD4C691B

(左よりUn Gaijin Au Japon様、日本茶コンクール予選、日本茶コンクール本選)

今年は、3日間で例年以上の来場者を迎えることができ、大盛況のうちにイベントを終えることが出来ました。
ご出展社様の中には、人脈作りをされた方や商談をされた方がおり、今後のビジネスチャンスを広げていただく機会となりました!

来年2019年は 6« C’est bon le Japon » を開催する予定でおります。詳細が決まり次第、また弊社ニュースレターにてお知らせいたします。

次回の出展ご希望の方イベント情報のお問い合わせは、以下までご連絡くださいませ。

Euro Japan Crossing : info@ejcrossing.com

次のリンクからイベント情報をご参照いただけますので、是非ご覧ください。

本イベントホームページイベントFacebookページ

 

以下は、今回ご参加いただきました企業・団体様です。改めまして、このたびは誠にありがとうございました。

【ブース出展社様】計55社(飲食27社 / 文化・観光4社 / 食器5社 / 雑貨19社)

【ステージ出展社様】計26社(うち、日本茶コンクール17社)

※ご出展社様の詳細は上記ホームページをご参照ください。

【特別協賛】 日本旅行

【協賛】Mon Panier d’Asie / キリンヨーロッパ

【ご後援団体様】(順不同)パリ4区 区役所 / 一般財団法人自治体国際化協会パリ事務所 / 日本政府観光局 /
イル・ド・フランス手工業・工芸業者会議所 /京都市 / 京都商工会議所 / 特定非営利活動法人 日本茶インストラクター協会 /JAPON INFOS / A Nous Paris

ページの上部に戻る