日本・食文化と観光イベント《C’est Bon! le Japon》第4回終了

2017年6月23日(金)から25日(日)までの3日間、弊社主催の日本の食文化イベント第4回 « C’est bon le Japon » を開催いたしました。前回、前々回に引き続きパリ4区区役所の後援をいただいて、パリのオシャレ地区・マレにある1000m²の会場La Halle des Blancs Manteaux (ラ・アール・デ・ブランマントー)にて行いました。イベント会場近辺のユニクロ・マレ店様とのコラボレーションにより、ユニクロ様店舗入り口においてもイベントでの取扱商品の展示・試食を実施しました。

 

今年は晴天が続く中、期間中延べ1万2000人の方が来場、日本の魅力を多くの方に楽しんで頂くことができました。ご来場いただきました皆様には心より御礼申し上げます。

 

会場に入って直ぐの場所には去年に引き続き、大好評の日本酒ゾーンを設置しました。日本酒造組合中央会より9蔵の酒蔵が参加され、30銘柄以上の日本酒の試飲・販売を実施。各蔵の奥深い日本酒の味わいに、ご来場者の方々は大変関心が高い様子でした。また今年の特別企画として、日本より産地直送野菜・果物25種を試食・販売。フランスでは手に入りづらい新鮮で美味しい日本の青果に皆さま興味深々でした。

また、今年は例年より更に多くの企業・団体様がご出展。日本食・食器・その他の雑貨ブースも大変充実し、お子様からご高齢の方まで非常に幅広く、多くのお客様にお楽しみ頂きました。

全体

酒

青果ぼかしHP用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(上より会場全体、日本酒ゾーン、青果・茶ブース)
 

会場のステージでは和楽器コンサートや踊り、味見会など様々なプログラムを実施。会場は大いに盛り上がりました!

またイベント最終日には、フランス初、日本茶コンクールを開催。カテゴリー5部門(ほうじ茶、玄米茶、抹茶、煎茶、その他)で21茶がエントリーしました。ジャーナリスト、料理番組を手掛けるメディア関係者、お茶の専門家、日本茶販売店のオーナーなど6名の審査員が、お茶の味や香りを厳正審査。入賞したお茶は、パリ市内にて期間限定で販売される予定です。日本茶生産者の方々にフランスへの進出の足掛かりにして頂くべく、来年も開催予定でおります!

日本茶コンクール予選ぼかしHP用

日本茶コンクール本選1

日本茶コンクール本選2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(コンクールの様子、上は予選、中央と下は本選)

今年は3日間のイベントを日本茶コンクールにて締めくくり、大盛況のうちにイベントを終えることが出来ました。

今回のイベント期間中に、ご出展社様の中には現地での人脈作りをされた方、商談をされた方、高級ブランドとのコラボの申込みを受けられた方がおり、今後のビジネスチャンスに繋げて頂く機会となりました!

来年2018年も « C’est bon le Japon 2018 » を開催する予定でおります。次回の出展ご希望の方イベント情報のお問い合わせは、以下までご連絡くださいませ。

Euro Japan Crossing : info@ejcrossing.com

 

次のリンクからイベント情報をご参照いただけますので、是非ご覧ください。

本イベントホームページイベントFacebookページ

 

以下は、今回ご参加いただきました企業・団体様です。改めまして、このたびは誠にありがとうございました。

 

【ブース出展社様】計52社(飲食物20社 / 酒11社 / 文化・観光3社 / 食器4社 / 雑貨14社)

【ステージ出展社様】計18社(うち、日本茶コンクール11社)

※ご出展社様の詳細は上記ホームページをご参照ください。

【特別協賛】 日本旅行

【ご後援・協賛団体様】(順不同)パリ4区区役所 / 一般財団法人自治体国際協会パリ事務所(クレアパリ)/ 日本政府観光局(JNTO)/ イル・ド・フランス手工業・工芸業者会議所 / Japon infos.com / Japan Travel / France Sushi / ユニクロ・マレ / キリンヨーロッパ / Foodex

ページの上部に戻る